伝統的な中国医学 (TCM) は、特に腫瘍の治療において、犬のための自然で総合的な治療を求める飼い主の間で人気が高まっています。しかし、よくある質問があります。中国の薬は犬の腫瘍すべてに同じ効果があるのでしょうか? この記事では、TCM の複雑さと、犬のさまざまな種類の腫瘍を治療するためのカスタマイズされたアプローチについて説明します。

犬のための伝統的な中国医学を理解する

伝統的な中国医学 (TCM) は何千年もの間実践され、体内のバランスと調和を回復することに重点を置いています。犬の場合、TCM にはハーブ療法、鍼治療、食事調整が含まれます。TCM の基本原則は、症状だけでなく病気の根本原因を治療することです。

犬の腫瘍の種類

犬はさまざまな種類の腫瘍を発症することがあり、それぞれに独自の治療法が必要です。最も一般的な種類は次のとおりです。

  1. 良性腫瘍: 体の他の部分に転移しない非癌性の腫瘍。
  2. 悪性腫瘍: 周囲の組織を侵し、他の領域に広がる可能性のある癌性腫瘍。
  3. 軟部肉腫: 結合組織に発生する腫瘍。
  4. 肥満細胞腫犬によく見られる皮膚がんの一種。

TCMのテーラーメイドアプローチ

TCM の大きな利点の 1 つは、カスタマイズされたアプローチです。画一的な戦略を採用する従来の治療法とは異なり、TCM では、腫瘍の種類と個々の犬の体質に基づいて治療法をカスタマイズします。

ハーブ療法:万人に当てはまるわけではない

TCM では、さまざまな種類の腫瘍を治療するためにさまざまなハーブが使用されます。たとえば、

  • アストラガルス: 免疫力を高める効果があることで知られており、良性腫瘍によく使用されます。
  • アルテミシニン: ニガヨモギから抽出されたこの薬は、特定の種類の癌性腫瘍に対して効果があることが証明されています。
  • スキュテラリア: 抗炎症作用と抗癌作用があり、特に肥満細胞腫瘍に使用されます。

鍼治療とその役割

鍼治療は、TCM のもう一つの重要な要素です。腫瘍治療を受けている犬の痛みを和らげ、炎症を抑え、全体的な健康状態を改善するのに役立ちます。対象となる鍼治療のポイントは、腫瘍の種類と場所によって異なります。

食事の調整

食事は中医学において重要な役割を果たします。犬の特定のニーズに合わせたバランスの取れた食事は、治療プロセスをサポートします。腫瘍のある犬には、オメガ 3 脂肪酸が豊富な魚など、抗炎症作用のある食品が推奨されることが多いです。

伝統的な中国医学は犬の腫瘍の治療に総合的かつ個別的なアプローチを提供しますが、万能の解決策ではありません。腫瘍の種類、犬の全体的な健康状態、個々のニーズはすべて、適切な TCM 治療を決定する上で重要な役割を果たします。TCM のカスタマイズされた戦略を活用することで、ペットの飼い主は根本的な原因に対処し、全体的な健康を促進する治療計画を犬に提供できます。

jaJA

Pin It on Pinterest