愛犬の健康と幸福に関しては、積極的な対策が不可欠です。飼い主から最もよく聞かれる質問の 1 つは、犬の避妊手術や去勢手術によってがんのリスクを軽減できるかどうかです。この記事では、これらの外科手術とがん予防の関係について考察し、犬の健康について十分な情報を得た上で決定を下したい飼い主にとって貴重な情報を提供します。

避妊去勢手術について理解する

避妊手術はメス犬の卵巣と子宮を外科的に除去することを指し、去勢手術はオス犬の睾丸を除去することです。これらの手術は通常、望まない妊娠を防ぎ、特定の行動上の問題を軽減し、潜在的な健康上の利点を提供するために行われます。

がんとのつながり

研究により、避妊手術や去勢手術は犬のがんリスクに重大な影響を与える可能性があることがわかっています。その理由は次のとおりです。

  1. 乳腺腫瘍: メスの犬の場合、最初の発情期の前に避妊手術を行うと、メスの犬に最も多く見られる癌の一種である乳腺腫瘍を発症するリスクが大幅に減少します。避妊手術を行わない場合、発情期が来るたびにリスクは増大します。
  2. 精巣がん: 雄犬を去勢すると、精巣がんのリスクが完全になくなります。精巣がんは高齢の去勢されていない雄犬に比較的よく見られるため、去勢は効果的な予防策となります。
  3. 前立腺の問題: 去勢すると、良性前立腺肥大症(前立腺の肥大)や前立腺炎(前立腺の感染症)のリスクも軽減され、間接的に前立腺がんの発症の可能性も低下します。

その他の健康上の利点

がん予防に加えて、避妊手術と去勢手術には、次のような健康上の利点もあります。

  • 子宮蓄膿症のリスク軽減避妊手術を行うと、避妊手術を受けていない雌犬によく見られる、生命を脅かす子宮感染症である子宮蓄膿症のリスクがなくなります。
  • 行動の改善: 去勢すると、攻撃的な行動、縄張りのマーキング、徘徊が減り、犬の安全を保つことができます。
  • 長寿研究によると、避妊・去勢手術を受けた犬は、特定の健康リスクが軽減されるため、より長く、より健康的な生活を送ることができる可能性があるそうです。

タイミングが重要

避妊手術や去勢手術のタイミングは、健康上のメリットを最大限に引き出す上で重要な役割を果たします。獣医師は通常、これらの手術を若いうちに行うことを推奨しますが、正確なタイミングは犬の品種、サイズ、全体的な健康状態によって異なります。早期の避妊手術や去勢手術は、一般的にがんリスクの大幅な低減につながります。

潜在的なリスクと考慮事項

避妊去勢手術には多くの利点がありますが、潜在的なリスクがないわけではありません。一部の研究では、特に大型犬や超大型犬の場合、早期の避妊去勢手術によって、特定の整形外科疾患や血管肉腫、骨肉腫などの他の種類の癌のリスクが高まる可能性があることが示唆されています。ペットの飼い主は、犬の特定のニーズとリスク要因を考慮して、獣医師と最適なタイミングとアプローチについて話し合う必要があります。

避妊手術と去勢手術は、犬の特定の癌のリスクを軽減する効果があることが広く知られています。利点と潜在的なリスクを理解することで、飼い主は犬の長期的な健康と幸福を促進する情報に基づいた決定を下すことができます。定期的な獣医による検査、バランスの取れた食事、健康的なライフスタイルは、癌やその他の健康問題の予防にさらに役立ちます。

jaJA

Pin It on Pinterest