犬の腫瘍手術にはメリットとデメリットの両方がある。主な利点は、腫瘍を取り除くことができ、がんを治癒できる可能性があることです。主な欠点は、手術が侵襲的な処置であり、潜在的なリスクや合併症を伴うことです。また、手術後にがんが再発するリスクもあります。標準的な6サイクルの化学療法の前に手術を勧める獣医もいれば、3サイクル、手術、さらに3サイクルを勧める獣医もいます。腫瘍が痛みや腸閉塞などの身体的な問題を引き起こしている場合、または癌が問題を引き起こしているかどうか獣医が確信が持てない場合は、手術が最初のステップになることがあります。最も一般的な再建術は、腫瘍分離術、裂傷修復術、顎顔面手術、欠損修正術、側面手術、胸部縮小形成術です。

犬の腫瘍手術には多くの利点がある。最も明らかな利点は、腫瘍が取り除かれ、犬が治癒することである。さらに、手術によって、体の他の部分に転移している可能性のある癌細胞も取り除かれる。これにより、犬の予後と生活の質が大幅に改善される。犬の腫瘍手術のもう一つの利点は、腫瘍の診断に使えることである。これは、最善の治療方針を決定するのに役立つため重要である。また、犬の症状の他の可能性のある原因を除外するのにも役立ちます。犬の腫瘍手術は比較的安全です。合併症はまれで、通常は軽微です。大半の犬は何の問題もなく、すぐに回復します。この種の手術は通常、非常に成功し、成功率も高い。

犬の腫瘍手術は、多くのリスクとデメリットを伴う大きな手術です。犬の腫瘍手術に関連する最も一般的な合併症は、出血、感染、痛みです。出血は手術中に起こることがあり、輸血が必要になることもあります。感染症はどのような手術でも起こりうるリスクですが、犬の腫瘍手術では腫瘍が重要な臓器に近いため、特に懸念されます。痛みも一般的な合併症で、犬は手術後数週間は鎮痛剤を必要とすることがある。犬の腫瘍手術におけるもう一つの懸念は、腫瘍の再発の可能性である。これは、腫瘍が完全に取り除かれていない場合や、手の届きにくい場所にある場合に特に懸念される。腫瘍が再発した場合、再手術が必要になることもある。犬の腫瘍手術にかかる費用もデメリットとなりうる。手術そのものに費用がかかるだけでなく、術前検査や術後のケア、合併症の可能性などにも費用がかかることが多い。そのため、犬の腫瘍手術は多くの家族にとって経済的負担となる。最後に、犬の腫瘍手術を受ける決断は難しいものです。リスクとデメリットを手術の潜在的な利益と天秤にかけなければなりません。場合によっては、リスクがメリットを上回り、犬の腫瘍手術が最善でないこともあります。

犬の腫瘍手術後にがんが再発する可能性は、がんの種類、がんのステージ、犬の全体的な健康状態によって異なります。例えば、癌が完全に取り除かれ、再発の可能性が低い場合もあります。しかし、腫瘍を摘出してもがんが再発する場合もあります。がんの再発の可能性を左右する最大の要因は、がんの種類と手術時の病期です。がんの種類によっては、再発しやすいものもあります。例えば、血液やリンパ系に影響を及ぼす癌は、他の種類の癌よりも再発しやすい。手術時に体の他の部位に転移していた癌も再発しやすい。犬の全体的な健康状態も癌の再発の可能性に影響します。健康状態が良好な犬は、そうでない犬よりも癌を発症する可能性が低い。

著者について獣医師免許を持つ研究者。

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
131 reviews