愛犬がガンと診断されると、飼い主はみな、ペットの苦しみを和らげ、生活の質を向上させる方法を探します。栄養は、病気の管理とガン治療を受けている犬の全体的な健康維持に極めて重要な役割を果たします。この記事では、ガンを患う犬の栄養ニーズに特化した効果的な食事戦略について説明します。

健康的な脂肪でカロリー摂取量を増やす

がんを患っている犬は、体重が減り、食欲が減退することがよくあります。健康的な脂肪を豊富に含む食事を与えると、カロリー摂取量を増やし、エネルギーレベルを維持するのに役立ちます。魚、鶏もも肉、少量のオリーブオイルやココナッツオイルなどの食品が効果的です。これらの脂肪はカロリーが高いだけでなく、消化しやすいため、食欲減退に悩む犬に最適です。

中程度から高レベルの高品質タンパク質

ガンに罹患した犬にとって、筋肉量を維持することは非常に重要です。中程度から高レベルの高品質タンパク質を含む食事は、筋肉の修復と免疫機能をサポートします。調理した卵、カッテージチーズ、赤身の肉など、消化しやすく体に負担の少ないタンパク質を選ぶことが重要です。獣医師の推奨に基づいて、犬の特定の健康状態に合わせてタンパク質源と量を調整してください。

低グリセミック指数炭水化物

炭水化物の摂取量を減らすことは一般的に推奨されていますが、適切な種類の炭水化物を選択することも重要です。サツマイモやカボチャなどの低グリセミック指数炭水化物は、血糖値を急激に上昇させることなくエネルギーを供給できます。これらの炭水化物はゆっくりと安定してエネルギーを維持するのに役立ち、癌に罹った犬の健康維持に適しています。

抗炎症成分の配合

慢性炎症は癌を悪化させる可能性があるため、犬の食事に抗炎症成分を取り入れることは有益です。クルクミンを含むウコンには顕著な抗炎症作用があり、少量であれば食事に加えることができます。その他の抗炎症食品には、セロリ、チンゲン菜、少量のショウガなどがあります。

水分補給と電解質バランス

がんを患っている犬は治療の副作用で脱水症状になりやすいため、水分補給は特に重要です。犬が常に新鮮な水を飲めるようにし、獣医師から勧められた場合は電解質溶液を加えることを検討してください。これは重要な臓器の機能と全体的な健康を維持するのに役立ちます。

獣医栄養士によるカスタマイズされた栄養プラン

犬ががんに対して示すさまざまな反応を考慮すると、獣医栄養士に相談してカスタマイズされた食事プランを作成することは非常に有益です。カスタマイズされた食事は、犬の特定のがんの種類、治療計画、および個々の食事耐性に対応し、病気と闘う能力を最適化し、より良い生活の質を維持します。

よく考えて選んだ食事は、ガンにかかった犬の治療に大きな違いをもたらします。重要な戦略としては、健康的な脂肪でカロリー摂取量を増やす、十分な高品質のタンパク質を確保する、低 GI 炭水化物を選択する、炎症を抑える、水分補給を維持するなどがあります。何よりも、獣医師または専門の獣医栄養士と定期的に相談することが、犬の変化する健康ニーズに合わせて食事戦略を適応させる上で不可欠です。この積極的なアプローチは、ガンと闘う犬の身体的な健康だけでなく、精神面でもサポートします。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
123 reviews