犬の浸潤性扁平上皮癌 (SCC) は、身体の健康だけでなく全体的な健康にも影響を及ぼす病気です。従来の獣医治療は不可欠ですが、伝統的な漢方薬 (TCM) を取り入れることで、慢性症状や臨床症状の管理にさらなるサポートを提供できます。この記事では、TCM が現代の治療を補完し、浸潤性扁平上皮癌を患う犬の生活の質を向上させる方法を探ります。

犬の浸潤性SCCの認識 犬の侵襲性 SCC は、持続的な痛み、皮膚の厚くなった部分、進行すると潰瘍や出血などの症状を呈します。これらの兆候を理解することは、早期介入と効果的な管理に不可欠です。

症状管理に対する中医学のアプローチ TCM は、バランスを回復し、体の自然治癒力を高めることに重点を置いています。SCC の症状の管理に効果的なハーブや処方には、次のようなものがあります。

  • 白花舒舒草(Hedyotis diffusa): 抗がん作用があるとされる。
  • 金銀花(スイカズラ): 抗炎症作用と鎮静作用のために使用されます。
  • 西楊神(アメリカ人参): エネルギーを高め、全体的な活力を向上させると信じられています。

中医学と従来の治療法の統合 TCM を手術、化学療法、放射線療法と組み合わせると、より総合的な治療アプローチが可能になります。TCM は、従来の治療の副作用の一部を緩和し、犬の免疫システムをサポートします。

痛みの管理のためのTCM ハーブ類 ヤンフースー(コリダリス) そして ウコン(ウコン塊茎) 中医学では伝統的に鎮痛剤として使用されています。浸潤性扁平上皮癌に伴う不快感の管理に特に有効です。

食事とライフスタイルの調整 ハーブ療法に加えて、食生活の調整とストレスのない環境の維持も重要です。抗酸化物質や消化しやすい栄養素が豊富な食品は、治癒と全体的な健康をサポートします。

伝統的な漢方薬と従来の獣医治療を組み合わせることで、犬の侵襲性SCCの慢性症状と臨床症状を管理するための包括的なアプローチが実現します。病気の治療だけでなく、愛犬の生活の質の向上にも重点が置かれています。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
131 reviews