犬の扁平上皮癌 (SCC) は犬によく見られる皮膚癌で、紫外線や色素欠乏によって悪化することがよくあります。最近、伝統的な漢方薬 (TCM) と従来の治療法を組み合わせることで、この病気の管理に効果があることが分かってきました。この記事では、紫外線、色素欠乏、犬の SCC 治療における TCM の役割について考察します。

犬のSCCとその原因を理解する 犬の SCC は、日光にさらされた部分に現れます。特に、毛の色が薄い犬や毛の薄い犬に多く見られます。紫外線は皮膚細胞の DNA にダメージを与え、特に保護メラニン色素を欠く犬では、がんを引き起こす可能性があります。

SCC治療における伝統的な漢方薬 TCM は健康に対する総合的なアプローチを提供しており、犬の SCC への応用が注目を集めています。TCM で癌治療によく使用されるハーブには、次のものがあります。

  • 白花舒舒草(Hedyotis diffusa): 抗腫瘍作用があると信じられています。
  • 雲南白耀: 傷の治癒と止血作用のために使用されます。
  • ハトムギ(黄耆): 免疫力を高める効果があることで知られています。

TCMと従来の治療法の統合 TCM を手術、放射線療法、化学療法などの従来の治療法と組み合わせると、より包括的なアプローチが可能になります。TCM は従来の治療法の副作用を軽減し、全体的な健康状態を改善するのに役立ちます。

予防措置 SCC を管理するには予防戦略が重要です。特に毛や皮膚が薄い犬の場合、日光への露出を制限し、保護服や犬に安全な日焼け止めを使用すると効果的です。

食生活とライフスタイルの役割 バランスの取れた食事、場合によってはハーブサプリメントも犬の健康をサポートします。SCC の早期発見と治療には、定期的な獣医による検査が不可欠です。

犬のSCC治療にTCMを取り入れることは、特に紫外線や色素欠乏症に悩む犬にとって新しいアプローチとなります。伝統と現代という両方の長所を組み合わせることで、私たちは愛犬にこの病気と闘うチャンスを与えることができます。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
131 reviews