アレルギー性(アトピー性)皮膚炎は、多くの動物病院で観察される最も典型的な皮膚疾患である。この症候群は、環境アレルゲン(多くの場合、空気中のもの)(アレルギーを誘発する異物タンパク質)に暴露された後にかゆみを引き起こす。ペットには食物不耐症があり、これは食事に含まれる非栄養素(添加物など)に対するアレルギー反応であるが、これらの反応がどの程度一般的であるかを判断するのは困難である。できるだけ健康的で、自然で、ホリスティックなフードを与えることをお勧めしますが、食事療法は痒がる犬の治療の基礎ではありません。

少し調整することで、消化器系に問題のある動物用にデザインされた食事が、皮膚疾患のある動物に役立つことがある。これらのカスタマイズされた食事は、アトピー性皮膚炎のような皮膚疾患に苦しむペットの改善をモニターするだけでなく、食物アレルギーの診断と管理に使用される。たとえ食物アレルギーでなくても、食物アレルギーの検査や治療に使われる食事を与えることで、かゆがる犬が改善する可能性があることを覚えておいてほしい。

フードトライアルは、食物アレルギーを検査するための特別で科学的なアプローチである。手作り食またはフードトライアル用に特別に設計された市販食のいずれかを使用して行うことができる。フードトライアル中は、おやつ、スナック菓子、テーブルクズ、味付けされた薬など、他の食物源はすべて取り除いてください。あなたのペットは、少なくとも8週間は試験食だけを食べなければなりませんが、最初の改善が見られるのは8週目までかもしれないので、現在は12週間が推奨されています。8週間を過ぎたら、通常、コントロールしながら徐々に他の食品を食事に取り入れても問題ありません。どのようにすればよいかわからない場合は、獣医師または獣医栄養士にご相談ください。ペットが食物アレルギーを持っている場合、アレルゲンとなる食材が取り除かれれば、症状は改善するはずです。ペットが改善しない場合、食物アレルギーが皮膚トラブルの原因ではない可能性が高いです。フード・トライアルがうまくいかず、食物アレルギーが残っている場合もあります。この場合、トライアル・フードに含まれる原材料の1つまたは複数にアレルギーがある可能性があるため、皮膚症状がトライアル・フードに反応しないことがあります。

食物アレルギーの検査では、低アレルギー食を使用しなければならない。最も一般的な低アレルゲン食は、タンパク質がアレルギー反応を起こしにくい小さな単位に分解された加水分解タンパク質食である。また、鹿肉やウサギ肉など、ペットフードにはあまり使用されない新しいタンパク質を使用したものもある。食物アレルギーが除外された後、食物アレルギーおよびアトピー性皮膚炎のペットの治療に、新規タンパク質または加水分解タンパク質の食事療法が使用される。食事療法は、食物アレルギーの重症度に応じて、数ヵ月から数年間、あるいはペットの生涯にわたって行われる。食事療法は、単独療法として、またはアレルギーや皮膚病をコントロールするためのより包括的な計画の一部として使用される。食事療法を他の療法と併用する場合、臨床的な改善を見るためには、より長期間の食事療法が必要となる。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
131 reviews