犬の扁平上皮癌 (SCC) の進行は、ペットの飼い主にとって懸念すべき問題です。従来の治療法が主ですが、伝統的な漢方薬 (TCM) を併用することで、病気のさまざまな段階で補助的な効果が得られます。この記事では、犬の SCC の原位置から浸潤段階まで、TCM が従来の治療法を補完する方法について詳しく説明します。

犬のSCCの原発性段階 SCCの初期段階では、局所的な皮膚病変として現れます。この段階では、中医学による介入が特に効果的です。 金銀花(スイカズラ) そして レンギョウ 抗炎症作用と抗腫瘍作用があることで知られており、病気の進行を遅らせる可能性があります。

初期浸潤段階 SCCが進行して初期浸潤に至ると、より深い組織に浸透し始めます。 黄耆(オウギ) 犬の免疫システムを強化するために使用できます。 バンジーリアン(Scutellaria barbata) 抗癌作用があると信じられており、治療計画に考慮できるもう一つのハーブです。

SCC の進行段階 癌がより深い層に浸潤し、転移する可能性のある進行段階では、漢方治療の焦点は生活の質を維持し、従来の治療をサポートすることに移ります。 雲南白耀 進行したSCCによく見られる症状である出血を抑えるために使用できます。 桂枝(シナモンの小枝) そして 白芍(白シャクヤク) 痛みや炎症を和らげるのに役立ちます。

TCMと従来の治療法の統合 TCM を手術、化学療法、放射線療法と統合することで、より総合的なアプローチが可能になります。これらのハーブは、従来の治療法の副作用を軽減し、全体的な健康をサポートする可能性があります。

獣医薬草医との相談 ハーブ療法を始める前に、獣医薬草医に相談することが重要です。獣医薬草医は、犬の特定の状態と SCC の段階に基づいて、カスタマイズされたアドバイスを提供できます。

伝統的な漢方薬と従来の治療法を組み合わせることで、さまざまな段階にある犬の SCC を管理するための有望な方法が生まれます。この統合アプローチでは、治療効果だけでなく、愛犬の全体的な健康と生活の質も優先されます。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
131 reviews