がんは、人間やペットを含む哺乳類の死亡原因の上位にあり、治療には複雑な課題があります。ペットの飼い主として、猫の腫瘍について知っておくことは、こうした症状が発生したときに効果的に対処するために重要です。この記事では、猫によく見られる腫瘍の種類、その診断、治療の選択肢、予防策について説明します。

猫によく見られる腫瘍の種類

  1. 軟部肉腫:
    これらの腫瘍は線維芽細胞(線維組織を生成する細胞)やその他の支持組織から発生し、通常は皮膚の下に発生します。腫瘍の悪性度はさまざまで、非常に悪性度が高く、広範囲に局所組織に浸潤し、早期にリンパ節や肺に転移するものもあります。悪性度が低く、転移しにくいものもあります。
  2. 腸腺腫:
    リンパ腫と腺癌は、猫の消化管に発生する最も一般的な腫瘍です。腺癌は、通常、小腸または大腸(まれに胃)に発生し、急速に増殖して、腸閉塞を引き起こすことがよくあります。一般的な症状には、食欲不振、体重減少、嘔吐、下痢などがあります。これらの腫瘍は、局所リンパ節に転移し、腸壁を広範囲に侵すことがよくあります。
  3. 乳腺腫瘍:
    高齢のメス猫に最もよく見られる腫瘍ですが (オス猫や避妊手術を受けたメス猫にも見られます)、1 つまたは複数の乳腺に影響を及ぼし、多くの場合、複数の硬い腫れや結節が現れます。時間が経つと、これらの結節の上の皮膚が潰瘍になることがあります。乳腺腫瘍は、局所リンパ節や肺に転移することがよくあります。乳腺腫瘍は、犬ほど一般的ではありませんが、猫では主に悪性であることは注目に値します。

猫の腫瘍の診断手順

  1. 観察: 猫の行動と体調を定期的に監視することが重要です。しこりが持続的に大きくなったり、うつ状態や胃腸障害などの長期的な悪影響が見られる場合は、獣医の診察を受ける必要があります。
  2. イメージング腹部を評価し、腫瘍の有無を確認するには、X 線検査と超音波検査が不可欠です。
  3. 生検と生化学検査腫瘍の性質と範囲を確認するために、局所リンパ節のサンプル採取(生検または吸引)と血液検査が行われます。
  4. 探索的手術画像診断で確定できない場合は、腫瘍の存在と種類を判断するために、腹部の直接検査と手術によるサンプル採取が必要になります。

猫の腫瘍の治療法

  1. 外科的除去: 手術はほとんどの良性腫瘍に対する最も効果的な治療法であり、腫瘍の範囲がわかっている場合に広く使用されています。早期に除去すると回復が早くなり、より成功率も高まるため、若い猫には特に手術が推奨されます。
  2. 手術不能または悪性腫瘍の場合、対症療法にはステロイド、鎮痛剤、食欲増進剤、栄養補助食品などが含まれることがあります。
  3. 化学療法: 悪性腫瘍が手術不能、転移リスクが高い、またはすでに転移している場合に検討されます。副作用には脱毛や骨髄抑制などがあります。
  4. 放射線治療およびその他の治療口腔や鼻腔内の腫瘍など、外科手術で除去することが難しい腫瘍の治療には、磁気療法、放射線療法、超音波療法などの技術が使用されます。

予防措置

  1. 定期的な健康診断特に高齢の猫の場合、定期的な獣医の診察が病気の早期発見に役立ちます。
  2. 去勢手術早期に去勢すると、メス猫の乳腺腫瘍を発症するリスクが大幅に減少します。
  3. 環境安全: 猫が化学物質に遭遇する可能性のある場所に近づけないようにしてください。
  4. 食事と健康猫にバランスの取れた食事を与え、健康的な体重を維持すると、免疫システムが強化され、肥満に関連する健康問題のリスクが軽減されます。

猫の腫瘍のこれらの側面を理解することで、猫の飼い主はペットの健康をより効果的に管理し、猫の仲間の生活の質を向上させることができます。

jaJA

Pin It on Pinterest