医学的には脂肪腫として知られる脂肪腫は、犬によく見られ、特に高齢になるとよく見られます。これらの良性腫瘍は脂肪細胞で構成されており、通常は無害ですが、その大きさや場所によっては、犬に不快感や運動障害を引き起こすことがあります。このガイドでは、犬の脂肪腫を効果的に管理し、縮小させる実用的な戦略と治療法の概要を説明します。

犬の脂肪腫を理解する

脂肪腫は皮膚の下の柔らかくて動くしこりで、中年以上の犬の胸部、腹部、四肢に最もよく見られます。脂肪腫は通常は癌ではありませんが、悪性腫瘍の可能性を排除するために、新しいしこりが見つかった場合は必ず獣医師に診てもらうことが重要です。

脂肪腫を治療する非外科的治療法

  1. 食事の調整 – 脂肪腫を管理する最初の戦略の 1 つは、犬の食事を調整することです。脂肪含有量を抑えた高品質でバランスの取れた食事を与えると、脂肪腫のさらなる成長を防ぐことができます。新鮮な自然食品を取り入れ、加工食品を減らすことも効果的です。
  2. エクササイズ – 定期的な運動は健康的な体重を維持し、全体的な代謝を改善するのに役立ちます。これにより、新しい脂肪腫の成長を防ぎ、既存の脂肪腫のサイズを管理できます。犬の年齢と健康レベルに合わせて運動を調整し、安全で楽しいものにしてください。
  3. サプリメント – サプリメントの中には、脂肪腫の管理に役立つものもあります。魚油に含まれるオメガ 3 脂肪酸には抗炎症作用があり、犬の脂肪代謝を改善します。ターメリックなどの他のサプリメントも、抗炎症作用により脂肪沈着を減らす効果が期待できます。

外科的治療と内科的治療

  1. 外科的除去 – 手術は、特に不快感や動きの制限を引き起こしている大きな脂肪腫を除去するための一般的で効果的な方法です。このオプションは、脂肪腫が犬の生活の質を妨げている場合に一般的に推奨されます。
  2. 脂肪吸引 – 場合によっては、獣医師が脂肪腫を取り除くために脂肪吸引を勧めることがあります。この方法は従来の手術よりも侵襲性が低く、脂肪腫を完全に取り除くことなくサイズを小さくするのに適しています。
  3. ステロイド注射 – 小さな脂肪腫の場合は、ステロイド注射で腫瘍の大きさを小さくすることができます。これらの注射は獣医師が行う必要があり、通常は手術が選択肢にない場合に検討されます。

モニタリングと定期検査

脂肪腫の成長を監視し、良性であることを確認するには、定期的な獣医の診察が不可欠です。定期的な監視は、潜在的な治療法に関するタイムリーな決定を下し、全体的な健康状態を管理するのに役立ちます。

犬の脂肪腫は一般的には無害ですが、その大きさを管理し、不快感を防ぐことは犬の生活の質を維持するために重要です。食事、運動、サプリメント、医療介入を組み合わせることで、脂肪腫を管理し、さらには縮小させることも可能です。常に獣医師に相談し、犬の特定のニーズに合わせた最善の治療法を選択してください。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
123 reviews