ペットを飼う人が以前よりも増えている。公園を散歩しても、街を歩いていても、犬を散歩させている人を見かけることは少ない。実際、今では多くの場所でペットが飼えるようになり、ペットカフェを併設しているところもある。ペットを飼いたい理由は人それぞれだ。忠実な友人や仲間として飼いたい人もいれば、美しさのために飼いたい人もいるし、珍しいユニークな特徴のために飼う人もいる。人々は長い間ペットを飼ってきた。初めて犬が家畜化されたのは14,000年以上も前のことである。それ以来、人々は犬、猫、鳥、ウサギ、ハムスター、魚など、あらゆる種類の動物を自分の動物として飼い続けてきた。人々はペットを飼うことにますます興味を持つようになっている。実際、ペット産業は成長している。米国では、ペット産業は$720億の産業である。この業界は今後も成長し続けると予想されている。ブリーダーやペットショップからペットを買うのではなく、保護施設からペットを迎えるという選択をする人もいます。

アメリカだけでも、毎年2500万頭近くの動物が実験に使われている。犬、猫、ウサギ、ブタ、子羊、サル、その他の生き物もその中に含まれる。彼らは狭い檻に閉じ込められ、強制的に化学薬品を飲まされ、頭蓋骨に穴を開けられ、その他の痛みを伴う処置を受ける。幸運な者は、苦痛が終わると安楽死させられる。しかし、他の多くの動物たちは捨てられ、病気で自分の面倒を見る術もないため、しばしば命を落とす。研究所が不要になった動物の里親を探すことを義務づける法律はないため、これらの生き物の運命はしばしば個々の科学者の裁量に任されている。その結果、実験に使われた動物の多くは、研究が終わると単に殺されてしまう。動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)のような動物愛護団体は数多くあり、動物実験の残酷さを明らかにし、より厳しい規制を求めるロビー活動を行っている。これらの団体はまた、研究において動物を使用する代わりになるものを見つけたいと考えている科学者への支援も行っている。

動物実験は、「動物実験」、「動物実験」、「動物研究」と呼ばれることもある。製品の安全性や有効性を評価したり、人体の機能を理解するために用いられる。動物実験には3つの種類がある:体外から取り出した細胞や組織を使って行う「体外実験」。生体内実験は生きている動物を使って行われる。インシリコ実験はコンピューターモデルを用いて行われる。動物実験は必要悪と考える人もいれば、非人道的で残酷な行為と考える人もいる。動物実験の倫理をめぐる議論は複雑で、しばしば感情的である。動物実験を支持する人々にはさまざまな理由がある。彼らは、動物実験は医学の進歩に必要であり、救命治療やワクチンの開発につながっていると主張する。また、実験に使われた動物は十分に世話され、その権利は法律によって保護されていると主張する。動物実験に反対する人々の理由はさまざまである。実験に動物を使うのは残酷で非人道的だと主張する。また、動物を使わない別の研究方法があるとも主張する。

実験産業はしばしば、拷問に近いテストを動物に課している。動物は実験用に特別に飼育されることが多い。動物に対して行われる実験は、しばしば苦痛を伴い、時には命に関わることもある。動物は実験中に恐怖と苦しみを経験する。動物は実験に同意することができない。被験者は薬物中毒にさせられたり、HIVやその他の致命的な病気にさらされたりする。動物実験にまつわる倫理的な問題に加えて、科学的な問題もある。動物は薬物やその他の物質に対して、人間とは異なる反応を示す。つまり、動物実験の結果を人間に当てはめた場合、正確でない可能性があるということだ。

著者について獣医師免許を持つ研究者。

jaJA

Pin It on Pinterest

What Our Clients Say
131 reviews